ちょっとネット

びっくりキャンペーン

TS/GNSSによる締固め管理技術は、トータルステーション及びGNSSによって取得した三次元測位データを利用した位置情報を機械に搭載したパソコン上の現場背景CAD図上に表示することにより、 締固め位置および回数をリアルタイムに確認しながら締固め作業をおこなう技術です。それによりこれまで、機械オペレータや工事担当者が地面状況や丁張りを目視判断することによりカウントしていた 締め固め回数等を重機に設置したモニター(右写真)を使って正確に管理することができます。また施工データを電子管理することで、施工結果の帳票化を簡単にし、CADファイルへの出力も可能にしました。

:既定回数転圧終了 :既定回数未転圧
これまでの丁張等を目印として行なわれていた目視による回数のカウントが、メッシュ状に切った施工箇所を通過する回数の色分けへと確認がより容易となります(左イメージ図)。これにより、締固め回数を正確にし、過転圧や転圧不足が防止されます。